アーカイブ

カテゴリー

サイトマップ

地球へ…

地球へ…は竹宮恵子さん原作で、アニメ化もされた漫画「地球へ…」を原作寄りの視点で熱く語るブログです

Archive for the 'グランドマザー' Category

12 11th, 2007

地球へ…の世界には、神という概念があったのでしょうか?

少なくともミュウたちは、神という概念を持っているようでした。

ジョミーがブルーの記憶をテレパシーで受け取ることを拒否し暴発した時に、ブルーが「神よ!あれほどのエネルギーとは思わなかった」と言っているので、人類やミュウなど地上に生きる者の力の及ばない存在がどこかにあると、思っていたことは確かでしょう。

では人類には神という概念があったかと言うと、微妙なところです。

キースが教育ステーション時代に書いていたレポートの科目に「宗教学総合理論」があったので、宗教という概念が残っていたことは確かです。

でも総合理論ですからねえ…宗教を過去のものとして、学者達がその教義や歴史を理論的に研究していたのかもしれません。神という存在を、昔人間が原始的だった頃に作り出した架空のものだと教えていたのではないでしょうか。

人類にとってはマザーコンピューターを頂点に頂くSD体制そのものが神であり、絶対的なものでしたから、マザーがいるからには、神は必要なかったと思いますし。

ここでもSD体制が現実の独裁政権と重なります。

独裁者は大抵自分の銅像を立てちゃったり、肖像画を各家庭に飾らせたり、自伝を国民に読ませたりして自分の神格化に励み、大抵は宗教を弾圧しますから…

自分が神となって何者にも止められない絶対的権力を振るうという欲望に取り付かれると、人間は行くところまで行ってしまうというのは、数々の実例が示しています。

自らを絶対的なものと神格化し、人間を意のままに操るグランドマザーの姿は正にその独裁者です。
しかもコンピューターシステムによる洗脳を用いて、人間たちにその事実さえ気付かせないのは、恐ろしい限りです。

ジョミーはグランドマザーと対峙した時に、「人間はマザーにあやされ育てられた意思のない子供 目も口も耳もふさがれながらそれを知らない不幸な子供だ」とキースに言っています。

「だが反逆児ミュウたちにはそれが見える」とも…

ミュウたちにSD体制の真の姿が見えるのは、自分たちが異端でありシステムから弾き出された存在であるためでもあったでしょうが、「神」という概念を持っていたからでもあるのではないでしょうか。

自分がどう行動すべきか、常に自分の心に問いながら、良心に従って最善を尽くして生きるために、自分の力の及ばない何か絶対的な存在、いわゆる神という存在が重要なのではと思います。

ジョミーは強力な超能力を持ちながら、それをどのように使うべきか、いつも慎重に考えながら生きています。

ナスカに偵察に来たサムの宇宙船を幻覚で攻撃した時に、とっさに力を出し過ぎ、そんな自分に驚き、恐れて涙を流しています。

またキースを殺さなかった理由を、「岩なら裂くこともできる…これは人間だ」と言っています。

強い力を持つ者が、自分の力に対する畏怖を失ってしまうと、他者の存在を軽視して暴走するのだと思います。

その点でジョミーは、強い力を持つ者にふさわしいと言えるでしょう。やはりその心に、自分よりも高い所から物事を見て判断する「神」のような存在を、いつも意識していたからとは言えないでしょうか。

一方マザーコンピューターは、人類やミュウの犠牲を厭わず、地球を再生させることを目的にして作り出されたもので、もちろん自分の絶大な能力や権力が世界にどのような影響を及ぼすかなんて、考えもしません。

自分が神であり、絶対であり、自分より正しい判断を下せるものはないという傲慢に陥った時点で、後は堕落し、腐敗するのが必定なのですよね…

何も独裁国家でなくとも、現代の日本を見てみると、神を気取り、権力を濫用する権力者が山ほどいるではありませんか。

地球へ…を読んでいると、つい現実世界とシンクロさせてしまうのですよね。

この物語が比喩であるということを考えると、未来の管理社会、超能力者という非現実的な設定でありながら、とても身近で現実的なストーリーに感じられるのも当然のことだと思うのです。



マツカとキース

Author: admin

12 6th, 2007

マツカがミュウであったにも関わらず成人検査をパスしてしまったことも、教育ステーションを何とか卒業できたことも、辺境に配属されてキースと出会ったことも、恐らくグランドマザーのプログラム通りだったのでしょう。

ミュウのことを知り、対処法を模索し、なおかつキース自身がミュウとして覚醒するためには、マツカというミュウの存在を利用することが必要だと、グランドマザーは考えたに違いありません。

キースが教育ステーション時代にマザーイライザの計画通りにシロエと出会い、シロエを自らの手で死に至らしめたことを考えると、グランドマザーにはその位のことはたやすいことだと思います。

マツカは、キースにとってどういう存在だったのでしょう?

キースはある程度マツカに心を許し、それなりに信頼を寄せているとは思うのですが、一方で「道具のように」扱い、容赦ない言葉を浴びせたり、気に食わないことがあればいじめてみたりと、かなりマツカがかわいそうです。

キースが唯一心を許した友人のサムは、ミュウの(正確にはジョミーの)精神攻撃を受けて幼児退行してしまい、昇進すればする程周りには敵が多くなり、キースはどんどん孤独になって行きました。

キースが本音で接することのできる相手と言えば、マツカしかいなかったのでしょう。外では虚勢を張っている駄目な男が彼女に甘えるような感じなのでしょうか…

マツカはマツカで、自分の正体を知りながら生かしておくキースという人物に恩義を感じ、興味を抱きつつも、一方では恐れています。

マツカがキースの命と引き換えにその生涯を終える直前、キースの優しさを感じ取り、「彼に付いて来て良かったのだ…満足だ…」と涙する場面、その優しさはマツカに向けられたものではなかっただけに、キースのために命を賭けたマツカの心に、切ないものを感じたものでした。

マツカもまたコンピューターに運命を操作され翻弄され、死んでしまって初めてキースに心から受け入れられた、本当に気の毒な人物でした。



ジョミーとキース

Author: admin

12 2nd, 2007

ジョミーとキースとは、対立するミュウと人間の指導者という立場でありながら、その使命感と意思の強さ、圧倒的な能力など、共通点の多いキャラクターです。

二人の間の決定的な違いは、ジョミーはSD体制から逸脱し、対立する存在であるミュウの長となる運命だったのに対し、キースは人間の指導者となるべく特別に作り出され、体制を守るよう運命付けられた存在だったということです。

キースは教育ステーションE-1077時代にジョミーの送った思念波通信を目にして、「憧れのような気持ち」に包まれています。

マザー・イライザに「今は忘れなさい」と言われて、「忘れろだって?あのとびきり澄んだ印象的な瞳をどうやって…」とも考えています。

キースはSD体制に疑問を抱きながらも、その体制下で生きる以外に選択肢を持たない存在だからこそ、SD体制に支配されない、ミュウであるジョミーに憧れたのでしょう。

ジョミーの方はキースがナスカにやって来て初めてキースを知りますが、やはりキースを「強い存在」と意識し、「なぜぼくはあの男を生かしておく気になったのか」と疑問に思いつつも、殺すことが出来ませんでした。

ジョミーとキースとは、互いに非常に似た存在であり、また互いに尊敬すべき相手だと言うことを無意識に認め合っているのですよね。

キースがナスカから脱出したことにより、ナスカは地球軍の攻撃を受け壊滅してしまいます。初めて読んだ時には、あの時どうしてキースを逃がしてしまったのジョミー!と思っていました。

でもナスカでの出会いは、互いに優れた指導者であるジョミーとキースが、もっと後になってから本当に対等な者同士として対峙する、序章に過ぎなかったのだと思います。

ナスカで多くの仲間を失ったことにより、視力も、聴力も、言語も失ってしまったジョミーは、単なる憧れや母性愛の代償、ソルジャー・ブルーとの約束だからと言う以上に、失くした仲間たちのためにも、ミュウの未来をかけて、何としてでも地球へ向かわなければならないという思いを強くしたのでした。

ナスカ以前はどちらかと言うと、「全てのミュウの力を合わせたよりも強大な」力を持つジョミーの方が、キースより能力も余裕もあり、弾圧される側でありながらなお、立場的に優位に立っていたような気がするのですが、ナスカ以降対等な存在として、生涯の敵であり、なおかつお互いに敬意を払う存在になったのだと思います。

地球へ…は、一方が正義で他方が悪だとか、単純な世界観で描かれてはいません。現実世界のように、人にはそれぞれに生きる目的や意味、信念があって、簡単には譲れないものだからこそ、争いが起こってしまうのです。

SD体制は悪のような気もしますが、それでも最初は人間が自らの意思で、うまく活用しようと考えて導入したものですから、結局は人間の選択の誤りであり、絶対的な悪ではないのですよね。

ジョミーとキースとが対立することは、優れた者同士、敵対する組織のリーダーである以上避けられない運命であり、グランドマザーと戦うジョミーに心で加勢したキースが、結局はグランドマザーに操られてジョミーを撃ち殺してしまうのもまた、避けられない運命だったのだと思います。

何十年も(ミュウと人間と言うレベルなら何百年も)争って来て、最後にはあっさり和解してめでたしめでたしと言うような安易な結論になるはずがないですから。

地球へ…の中では、個人レベルでは尊敬し合い、分かり合えるはずなのに、国家レベル、民族レベルでは分かり合えない人間の不合理が、本当にうまく描かれていると思います。



11 29th, 2007

キース・アニアンとジョミー・マーキス・シンは、表裏一体の関係です。

一方は人間の、他方はミュウの指導者として、高い能力と統率力を持ち、人間あるいはミュウの未来の鍵を握る存在で、状況によってはキースとジョミーが入れ替わっていてもおかしくはなかったと思います。

ジョミーの市民番号はAD06223でしたが、キースの認識番号はME076223で下4桁が同じなのは、それを意識しての設定でしょう。

キース・アニアンは、実はミュウだったと私は解釈しています。

SD体制の下、ミュウは次々と生まれ続け、その数を増していました。

グランドマザーは、ミュウを排除し弾圧する権利を与えられながらも、ミュウ遺伝子(原作中では素因子と表現されていますが)を抹消してはならないという、矛盾するプログラムに従っていました。

SD体制開始以降の全ての配偶子の組み合わせと、ミュウの発生とを合わせて解析すれば、グランドマザーにはその原因遺伝子を特定することは容易だったでしょうし、作中でもそういう設定になっています。

人間を凌ぐ特殊能力を持つ新人種を、旧人類という種を保存するために排除していくには、同等以上の能力を持った存在を、人間側の指導者として据える必要があったのではないでしょうか。

だからグランドマザーは、人間の指導者として、敢えてミュウ因子を持つキース・アニアンを作ったのだと考えています。

地球へ…の作者の竹宮恵子さんが、どの時点でそう設定したのかは分かりませんが、キースがミュウだということを示唆する事実はたくさんあります。

まず、キースは他の人間のようにはミュウの精神攻撃を受け難かったこと。マツカもミュウだったので、やはり精神攻撃の影響を受けませんでした。

キースに14歳以前の記憶がないことだけでは、E-1077でたった一人だけジョミーのメッセージに影響を受けなかったことは説明できません。

やはり純粋な旧人類ではなかったからだろうと思います。

成人後の全人類にESPチェックを施行することになった時、グランドマザーに「私は陰性です」と報告したキースは、「もちろん陽性のはずはありません。あなたは特別だから」と言われています。

ジョミーが覚醒前に、度重なるESPチェックをかいくぐってきたことを考えると、キースはミュウの遺伝子を持ち、なおかつ非常に強い能力を持っていたのではと推測されます。

また終盤に来ると、マツカと長い間行動を共にしていたため覚醒したものか、ますます特殊な能力を発揮するようになり、他人の心の中が分かってしまうようになっています。

会議で地球代表の弱気を察知してしまうという描写も、無意識の内に他人の意識を読んでいることを伺わせます。

ジョミーを連れてグランドマザーの元を訪れる場面でのキースの独白で、「包みこむような優しさ まだ幼い少年のしなやかな感情-思慕のような…」とあるのは、ジョミーの意識を読んでいる描写としか思えません。

ジョミーの希望、哀しみ、涙をキースが感じ取ることができたのは、やはりジョミーの心をテレパシーで感じたからでしょう。

キースもまた自分の置かれた立場で、人類のより良い未来のため、必死に道を模索し、精一杯生きています。

地球へ…で描かれる世界では、人間、ミュウともに本当の母親の愛を知らず、そのため母なる地球を求めて止まないというのが、物語の重要な鍵になっています。

グランドマザーの合成した遺伝子により作られたキースもやはり、母なるグランドマザーに逆らうことはできず、SD体制への深い疑問を心に宿しつつも、SD体制護持のために全てを投げ打っています。

母といえば、フィシスが遺伝上の母に相当すると知って、キースはフィシスに思慕にも似た感情を抱いています。

地球へ…を初めて読んだ頃には、キースを体制に翻弄され飲み込まれてしまった気の毒な人物と考えていました。

キースは理性的で、なおかつサムを生涯友人として大切に思い、わざわざサムの事故の謎を解くために単独ナスカの調査に向かい、サムの血で作ったピアスを常に身に付け、多忙な中サムの見舞いを欠かさない義理堅い人物です。

また、厳しくミュウ弾圧を行ったのも、親友のサムをあのような状態にしてしまったミュウを許せなかったからでしょう。

キースがもしミュウとして生きていたら、きっとジョミーの良き理解者、協力者になったでしょうが、人種や体制や思想の違いから、理解し合えるはずの二人が対立し、最後には一方が他方を殺してしまう…

でもそればかりではなく、グランドマザーに逆らえなかったキースは、ひたすら母なるもの、ひいては自分のルーツや存在意義を求める人間の悲哀を現していたのだと、今は思っています。



地球へ…の世界観

Author: admin

11 19th, 2007

地球へ…の原作は、東西冷戦時代の真っ只中で描かれました。
ちょうど映画の世界では、ジェームズ・ボンドがソ連のスパイをやっつけていた頃でしょうか(^_^;)

地球へ…の主人公の名前、ジョミー・マーキス・シンのファーストネームは、アメリカのSF作家ヴァン・ヴォークトの名作「スラン」の主人公の名前、ジョン・トマス・クロスから取られたそうです。ジョン・トマス、英語の原則に従うと、愛称はジョミーですね。

そしてミドルネームとラストネームは「ごろ」で決めたと、作者の竹宮恵子さんはおっしゃってました。

でも私は、実はジョミーのミドルネームの「マーキス」というのは、マルキシズム→共産主義独裁国家を暗示していたのでは?と思っていました。

地球へ…で描かれるスペリオルドミナント(SD体制)は完全なコンピューター管理社会で、当初は人類自らの判断で導入されたのに、長い年月の内に徐々にコンピューターの支配力が増し、人間を支配下に置くようになり、人間性は失われ、意思と感情を喪失したコンピューターに従順な人間たちが粛々と暮らす、不気味な社会です。

現実の世の中の多くの独裁者たちも、最初は民衆によって選ばれ歓迎され、世の中を良くしてくれるかもと言う期待をかけられていた人が多いのです。

でも一度権力を手にしてしまうと、やはり堕落し、それを濫用してしまうのが人の常…ほとんどの独裁者たちは民衆の期待を裏切り、暴走し、破滅しました。

地球へ…のスペリオルドミネーションは、現実のそういう国家の姿を戯画化して描いたものではと思っています。

人間ならいつかはその生命が終わる時が来ますが、マザーコンピューターには寿命がなく不滅のようなので、人間の独裁者より更に恐ろしいです。

支配され、監視され、統制され、偏った情報しか手に入らず、反逆者は即「処分」と言う社会では、人間性を保つのは難しいと思います。

何も共産主義独裁国家でなくとも、今の日本だって、国民は監視され、統制され、情報を操作され、権力者の好いように踊らされて支配され、しかもそのことにほとんどの人が気付いていません。

社会全体が異常なら、それが異常だということに気が付くことはおろか、疑問を持ったりすることも難しいですよね。

地球へ…で描かれた世界に、今の地球環境が近付いて来たという人がいましたが、実は地球へ…の世界に近付いているのは、今の社会情勢ではないでしょうか。

地球へ…にこめられた数あるメッセージのうちのひとつは、人間の正しい知識と判断と意思とを、システムに奪われてはならないということだと思います。